26/05/2007 10:20

アンデュマリローションEXと一緒に

潤い成分フコイダンたっぷりのアンデュマリローションと、
果実アロマでビタミン豊富なアンデュマリローションEX。
もちろんどちらか一方だけでもお使い頂けますが、
互いが互いを引き立てる、相乗効果!

公式サイトの説明は *こちら*
http://www.undeuxmari.com/concept/concept202.html

というわけで、
二本のローションによるスキマのないスキンケア。
惜しみなく肌に栄養を与えようというのが
アンデュマリのコンセプトです。

フコイダンの保湿に加えて、
疲れたお肌にビタミンと、疲れた心にフルーツアロマ。

アンデュマリローションの効果を実感いただけた方は
ぜひ、EXとの併用をお試しください。


22/05/2007 10:00

いろいろ使える。じんわり潤う。

こんにちは、今回は中級者向けです。
アンデュマリローションの使い道はひとつだけではありません。

それでは今日のアンデュマリローションの使い方(中級編)です。
工夫するのもコスメの醍醐味ですよね。
たとえば。

*ローションパック*
化粧水をコットンにしみこませる、
多くの美容家もオススメしていらっしゃいますね。

一枚のコットンを4~5枚くらいに裂いて、
アンデュマリローションをしみこませて顔に載せて5分ほど。

このやり方に、
当社ラインのイオンパフ、マリアクティヴクリーム、
アンデュマリローションEXを加えると、
エステもかくや、と言わんばかりのスキンケア体制が整います。
詳しくは1/31日のブログで。お試しあれ。

他にも、フコイダンの保湿作用を髪に、
カサカサの気になる皮膚に、など。
フコイダンで全身乾燥知らずになれます。

あなたなりの使い方は見つかりましたか?
スタッフ一同、それにも興味津々です。

19/05/2007 15:45

アンデュマリローションの容器

前回は中身のお話。
そして今回は外側の、容器のお話です。

.jpg


ガラス容器、という意見もありましたが、
通販というかたちをとる上で、
運搬上の「まさか」も考慮する必要がありました。

そして、まず目に付く特徴はこの細長い容器。
「倒れやすそう…」  
 残念ながら。
しかしこれにはちゃんとした理由があります。
ドレッサーに入りやすい、場所をとらないような容器として、
今の細長い形状が採用されたのです。
携帯性についての、ニーズは大きいという判断です。

また、プッシュ式を採用。
適切な量が出しやすい上に、雑菌が入りにくく
中身が空気に触れにくいというメリットがあります。
パラベン無添加のアンデュマリローションにとっては
大きな恩恵です。

色のイメージとしてパールホワイトを容器に採用しました。

容器は製品の顔。
中身だけではなく、容器についても、
お客さまの意見を汲み取っていければと考えています。

15/05/2007 15:13

アンデュマリローションのなかみ

 今回はアンデュマリローションに含まれる成分についてです。
書き出してみると…メモ

水、エタノール、グリセリン、ジグリセリン、褐藻エキス、
ヒアルロン酸ナトリウム、アラントイン、ラベンダー油、
アスコルビン酸硫酸2ナトリウム、キサンタンガム、
フェノキシエタノール

まず代表的な保湿成分であるグリセリンとジグリセリン。
ヒアルロン酸ナトリウムも保湿作用でよく知られています目

それからアンデュマリローションの特徴、
F-フコイダンを含んだ褐藻エキス。
褐藻というのはコンブやわかめなどのことを指します。
このエキスにはF-フコイダンのほか、
体にとって大切な各種ミネラルが含まれていて、
保湿作用、エイジングケアをたすけるはたらきをします手(グー)

とろんとした使い心地を増幅する天然多糖類のキサンタンガム。
フェノキシエタノールは、お茶の葉の中など自然にも存在し、
防腐作用を持つ物質です。
防腐剤としてよく問題にされるパラベンは無添加。

肌荒れを防ぐアラントインに、透明感のある肌へと導く
アスコルビン酸硫酸2Na・・・

F-フコイダンがお肌に作り出す膜の内側で、
成分たちはじんわりじんわり。
あなたの肌を豊かにしていくのですぴかぴか(新しい)

12/05/2007 10:00

第二回目アンデュマリローションの使い方

F―フコイダンの抽出のため、アンデュマリローションには、
微量のエタノールが含まれています。
消毒のつんとした匂いが苦手…という方には
あまり嬉しくないかもしれません。

手の平にプッシュしたあと軽くのばして、
しばらく手のひらで温めると
ほとんどのエタノール分は揮発します。
匂いはこれで大丈夫。

とろんとした美容液のようなアンデュマリローションを
手の平で顔全体を包み込むように二度三度。
軽くおさえるようにして優しくつけていきましょう。
決してこすらないよう、ゆっくり丁寧にするのがポイントです。
F−フコイダンが肌に吸着し、薄い被膜となって水分を
閉じこめます。

良質の天然ガゴメコンブから抽出した潤いエッセンスを
アンデュマリローションで、心行くまでお楽しみください。

本日はここまで・・・



08/05/2007 19:00

アンデュマリローションとは

アンデュマリ社がお届けする「アンデュマリローション」。
最初にアンデュマリ基礎化粧品の販売が始まった商品であり、
現在でもメインの商品の一つですぴかぴか(新しい)

このアンデュマリローションの特筆すべき点は「F-フコイダン」

健康食品としてのイメージが強かった
海藻コンブ成分「フコイダン」が秘める保湿力exclamation
それを活かした化粧水を作ろうexclamation×2
そうして生まれたのがアンデュマリローションなのです。
海藻由来のとろみ成分「F-フコイダン」を
たっぷり50%配合しました。

この美肌成分「F-フコイダンの特徴」は、
・保湿力が高く、肌の潤いを長時間にわたって保持します。
・皮膚表面にとどまって、天然の薄い膜を形成して皮膚を保護します。

とろんとした美容液のような使い心地も
「F-フコイダン」ならではですわーい(嬉しい顔)

肌の保湿にお悩みの方、コンブのチカラを試してみませんか?
☆続く
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。