06/06/2012 13:35

だから潤います!【アンデュマリ石けん】の秘密♪

こんにちはかわいい
【京都発 アンデュマリの美肌日記】
エイジングケア基礎化粧品アンデュマリの野口です。

家庭画報5月号の「私たちの新美の流儀」特集ページ
『ドライスキンにおすすめの洗顔石鹸』として、
^^^^^^^^^^^^^^^^^
「アンデュマリ石けん」が紹介されましたが、
そもそも、どうしてドライスキンにおすすめなのexclamation&question

それは、、、
潤い美肌成分【ガゴメ昆布フコイダン】が配合されているからは、
もちろんわーい(嬉しい顔)

プラスexclamation×2

アンデュマリ石けんの製造に秘密があるのでするんるん

★☆★【コールドプロセス製法】★☆★

「アンデュマリ石けん」は、
コールドプロセスという製法で作られています。

原料のオリーブオイルとアルカリを反応させて
石鹸を作っていきます。
コールドプロセス製法とは、石鹸が出来る過程で
加熱をせずゆっくりと石鹸にしていく製法です。

この製法で作った石鹸の良さは、
熱を加えずに自然に熟成させるため、
原料のオリーブオイルが劣化しないことと、
塩析処理をしないため、オリーブオイルとアルカリの反応で出来た、、
石鹸成分以外の大切な副産物
^^^^^^^^^^^^^^
オリーブオイルに含まれる天然のうるおい美肌成分ぴかぴか(新しい)
【グリセリン・スクワレン・ビタミン】
石鹸にまるごと含まれていることです。

グリセリンやスクワレンは、非常にすぐれた保湿成分で、
お肌に薄い膜をつくり、お肌の水分をしっかりとキープします。
また、ビタミンには、エイジングケア効果があります。

「アンデュマリ石けん」は、
乾燥肌の方や敏感な方にぴったりの洗顔石鹸ですexclamation

クレンジングもできる洗顔石鹸として、
汚れ落ちと潤い、そして肌への優しさをご実感くださいませ。

★アンデュマリ石けんトライアルセット 840円 送料・手数料無料!!

posted by アンデュマリスタッフ at 13:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | ▼無添加洗顔石鹸編 「もっと教えて」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

23/05/2012 11:51

ヘビーユーザー続出!!しっとり感が評判の洗顔石けん♪

こんにちはかわいい
【京都発 アンデュマリの美肌日記】
エイジングケア基礎化粧品アンデュマリの野口です。

肌の汚れはきちんと落として、
潤いと透明感を与える洗顔石鹸【アンデュマリ 石けん】ぴかぴか(新しい)

お陰さまで、本当にたくさんのお客様に
お使いいただいていますわーい(嬉しい顔)


かわいいかわいいお客様のお声かわいいかわいい
★50代女性【クレンジングいらずというのが魅力的!】
 はじめはクレンジングなしで大丈夫かしら、
 と不安だったが、本当にポイントメーク以外はきれいに落ちているので、
 とても洗顔が楽になった。そして肌の調子もよろしいようです。
 リピートして購入しています。

★30代女性【白くなった!!】
 顔だけでなく首まで洗っています。
 久しぶりに会った友達に白くなったとよく言われるようになりました。

★40代女性【主人に褒められた?!】
 敏感肌で何も使っても肌に合わず悩んでいた時にこの石鹸に出会いました。
 肌の赤みがなくなってきたなと思っていたら、
 普段何も言わない主人に、最近キレイになったかも?と言われました!



★今なら送料無料のアンデュマリ石けんトライアル840円発売中ですexclamation×2
posted by アンデュマリスタッフ at 11:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | ▼無添加洗顔石鹸編 「もっと教えて」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

21/04/2007 10:11

【石鹸物語 第6回】

[アンデュマリカリウムソープ・アンデュマリフォーミングウォッシュ]
からだには、美しくなろうとするはたらきがあります。
シンプルであることはそれを邪魔しないことであり、それを手助けすることです。

肌に本当に良いものはシンプルなもの。

原料から無添加。
こだわりの油脂。
こだわりの製法。
カリ石鹸という選択。

こだわりぬいた極上の洗顔をお届けします。


南欧のある国で、オリーブが収穫期を迎えています。
赤道近くのある国で、ヤシが収穫期を迎えています。
ある工場で、ある職人が釜をかきまわしています。
オフィスビルのある一室で、検品と梱包が行われています。


最後に、ご自分の肌に触れることが楽しくなったお客様の姿がそこに加われば、
アンデュマリ社スタッフにとってそれに勝る喜びはありません。
posted by アンデュマリスタッフ at 10:11 | TrackBack(0) | ▼無添加洗顔石鹸編 「もっと教えて」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

17/04/2007 15:45

【石鹸物語 第5回】

[アンデュマリカリウムソープ・アンデュマリフォーミングウォッシュ]

原料について

第1回でも触れたことですが、
石けんは油脂とアルカリを反応させたものです。
今日の“石鹸物語”では、原料について
もう少し詳しくお伝えしたいと思います。

まずはアルカリから。
石けんは使用するアルカリによって大きく特徴づけられます。
反応させるアルカリとして“水酸化ナトリウム(苛性ソーダ)”を用いたナトリウム石けん。
それから“水酸化カリウム(苛性カリ)”を用いたカリウム石けん。
他にも種類はありますが、洗顔の石けんを考える場合はこの二つがメインと言えるでしょう。

カリウム石けんは、カリウムの性質によりナトリウム石けんよりもすすぎやすく、
石けん由来の遊離脂肪酸による皮膚を保護する効果もより強いものとなります。


↓続きを読む↓
posted by アンデュマリスタッフ at 15:45 | TrackBack(0) | ▼無添加洗顔石鹸編 「もっと教えて」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

14/04/2007 10:46

【石鹸物語 第4回】

[アンデュマリカリウムソープ・アンデュマリフォーミングウォッシュ]

カリウムソープとフォーミングウォッシュ。

第1回から一緒に並べてあるこのふたつ。
今日の“石鹸物語”は、ふたつの違いについて。
肌に優しい洗顔のためには、洗顔料をよく泡立てることが
大事になります。


続きを読む
posted by アンデュマリスタッフ at 10:46 | TrackBack(0) | ▼無添加洗顔石鹸編 「もっと教えて」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

10/04/2007 15:23

石鹸物語 第3回

[アンデュマリカリウムソープ・アンデュマリフォーミングウォッシュ]

わかりやすいシンプル。わかりにくいシンプル。

完全無添加であることは、ややこしい名前の添加物が一切ないこと。
お客様には“安心”を提供することができます。
これは良さとして伝わりやすい「シンプルさ」の一面だと思います。

続きを読む
posted by アンデュマリスタッフ at 15:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | ▼無添加洗顔石鹸編 「もっと教えて」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

07/04/2007 12:07

石鹸物語 第2回

[アンデュマリカリウムソープ・アンデュマリフォーミングウォッシュ]

 水と油。それから石けん。

洗顔とは、過剰な皮脂を取り除くためのプロセスです。
過剰な皮脂は毛穴を塞ぎ、代謝を妨げ、菌を過剰に繁殖させます。

しかし、皮脂は肌の活動に必須のものでもあります。
油は水と混ざらないので、油でくるんだ水は逃げません。うるおいと油脂には強いつながりがあります。
落としすぎてもいい結果には繋がらないのです。
清潔にする以外に余計な刺激を加えないことが効果的な洗顔です。

さて、皮脂を皮膚から流すためには、界面活性剤が成分として必要になります。

この界面活性剤とはあるひとつの物質を指すわけではありません。
続きを読む
posted by アンデュマリスタッフ at 12:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | ▼無添加洗顔石鹸編 「もっと教えて」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

03/04/2007 09:39

石鹸物語 第1回

[アンデュマリカリウムソープ・アンデュマリフォーミングウォッシュ]

ある工場で、ある職人が釜をかきまわしています―― 

精密な温度管理をしながら、中の液体の粘度の変化を、撹拌棒で感じとっていきます。
技術が進んだ現代でも、長年の経験による判断は機械が真似することはできません。
 
当社の扱っているアンデュマリカリウムソープ、そしてアンデュマリフォーミングウォッシュ
そんな風に作られています。
洗顔は美容の基礎中の基礎。
大量生産できないこのつくりかたをあえて選択することが、
お客様によりよい製品を提供することにつながると
私たちは考えています。


続きを読む
posted by アンデュマリスタッフ at 09:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | ▼無添加洗顔石鹸編 「もっと教えて」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。