10/04/2007 15:23

石鹸物語 第3回

[アンデュマリカリウムソープ・アンデュマリフォーミングウォッシュ]

わかりやすいシンプル。わかりにくいシンプル。

完全無添加であることは、ややこしい名前の添加物が一切ないこと。
お客様には“安心”を提供することができます。
これは良さとして伝わりやすい「シンプルさ」の一面だと思います。

一方で、市販される製品に含まれる添加物の中には、使い心地を良くするために入れられているものも少なからずありますが、無添加であることはそういった添加物の助力を受けないことでもあります。

例えば、アンデュマリカリウムソープ、アンデュマリフォーミングウォッシュをご使用いただいた方から、「目にしみる」というご意見が時折寄せられることがあります。

というのも、本来石けんは弱アルカリ性で、目の粘膜は弱酸性だからです。「肌に優しい弱酸性」といった広告フレーズをよく目にしますが、こういった製品は目にしみることはありません。
これは、逆に悪さとして伝わってしまいかねない「シンプルさ」の一面です。


細胞に与える影響は目にしみるものでも目にしみないものでも、そう変わることはありません。合成された界面活性剤を使っている分、目にしみないものの方が大きいとも言えます。本来の石けんは角膜損傷を起こす危険性も少なく、目に入った際には必ずすすぐため、より安全なものとなっています。


このことを知っていただければ、目にしみることも多少は違う
かたちで受け止めてもらえるのではないでしょうか。


肌に本当によいものはシンプルなもの。
洗顔ひとつでお肌は変わる。


なかなか伝わりにくいことではありますが、
私たちはこのことに自信を持っています。
posted by アンデュマリスタッフ at 15:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | ▼無添加洗顔石鹸編 「もっと教えて」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。